法定相続とは

財産のある方が、遺言せずに亡くなると、その財産は民法で定められた相続人へ、決められた分が相続する方に渡ります。これを「法定相続」といいます。

なお、遺言書をあらかじめ作っていれば、法定相続分と異なる相続をさせることが可能ですし、遺産分割協議で法定相続分と異なる分割も可能です。

ただし、遺言書で法定相続分と異なる相続をさせる場合、遺言書が相続人の遺留分を侵害するものではないか、というトラブルが生じるケースがあります。

法定相続人の順位または割合

順位

法定相続人

割合

1

子と配偶者

子=二分の一 配偶者=二分の一

2

直系尊属と配偶者

直系尊属=三分の一 配偶者=三分の二

3

兄弟姉妹と配偶者

兄弟姉妹=四分の一 配偶者=四分の三

・配偶者は常に相続人
・直系尊属は、子がいない場合の相続人
・兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人

そもそも、法定相続分を知ることは、誰にいくらが相続されるのかを知るひとつの目安となります。
つまり、遺言書を作成するときもこの法定相続分がいくらかがまずは基準となります。
法定相続分を意識するだけで、後々の紛争のリスクを大幅に減らせることができます。


経営者の相続トラブル解決の豊富な経験 03-6226-5096
生前対策 Q&A 経営者・個人事業主が知っておきたい相続・承継に関するQ&Aを集めました
地方・遠方で相続トラブルにお困りの経営者・事業主様のための出張相談実施中
PageTop