【解決事案】依頼者Bさんが遺留分侵害で訴訟を提起されてしまった事案

 
依頼者:Bさん
被相続人との関係:兄弟
争点:遺留分侵害

 

事案

依頼者Bさんは、5人兄弟でした。そして、その兄弟の内の一人である甲さんととても仲良くしておりました。その甲さんは、配偶者と事実上の離婚状態で、子供との関係もあまり良くありませんでした。そのような状況下において、甲さんは、依頼者Bさんに一定の財産を遺贈する旨の公正証書遺言を作成しておりました。その後、甲さんは、病気が原因で亡くなりました。

甲さんの配偶者や、子供らからは、遺留分侵害を主張され訴訟を提起されてしまったため、ご相談に来られました。

 

解決方法

今回、甲さんの公正証書遺言は弁護士によって作成されていました。

そのため、遺留分に対する配慮なども行われておりました。しかしながら、遺留分侵害の対象となる財産の範囲や価値について解釈上の争いが生じました。遺留分については、遺言書できちんとした対応がなされていても、時間の経過とともに財産価値の変動することで遺留分に関する紛争が再燃することがあります。

今回ケースでは、依頼者Bさんが、仲の良かった甲さんの生活費等を一定程度立て替えてあげていた事実が判明しました。つまり、遺留分侵害を主張してきた甲さんの遺族の方は、その金銭の返還債務をも相続していることになるのです。そこで、これら金銭の返還を求めて、遺留分と相殺する形で対応しました。

その結果、一部の金銭を依頼者Bさんが支払うことで和解による解決が出来ました。
和解で解決することで、控訴審での紛争の時間と費用を削減することもできました。

 

 


経営者の相続トラブル解決の豊富な経験 03-6226-5096
生前対策 Q&A 経営者・個人事業主が知っておきたい相続・承継に関するQ&Aを集めました
地方・遠方で相続トラブルにお困りの経営者・事業主様のための出張相談実施中
PageTop