遺留分と遺留分減殺請求

遺留分とは、相続に際して、被相続人の財産のうち、一定の相続人に承継されるべき最低限の割合のことです。
被相続人は、原則として、遺言なり生前贈与によって、自由にその財産を承継させることができるのですが、遺留分はこれに対して一定の制限効果を持ちます。

遺留分は、放っておいても当然にもらえる、というわけではありませんので、請求する必要があります。これを遺留分減殺請求と言います。
他方、遺留分減殺請求権の行使された場合でも、請求権者が贈与を受けていたり、相続した財産の評価の仕方が誤っており、実は遺留分が存在しなかった等ということもあります。遺留分減殺請求を受けた場合でも、請求権者の主張が正当なものなのかどうかはきちんと見分ける必要があります。

なお、各相続人の遺留分として定められているのは、以下の通りです。

  1. 法定相続人が配偶者と子の場合
    配偶者:相続分の1/4
    子:相続分の1/4
  2. 法定相続人が配偶者と父母の場合
    配偶者:相続分の1/3
    父母:相続分の1/6
  3. 法定相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合
    配偶者:1/2
    兄弟姉妹:遺留分なし

※同順位の相続人が複数いる場合は人数に応じて均等割りとなります。

  • 遺言書が出てきたが、自分の遺留分が侵害されているので、遺留分減殺請求を行いたい
  • 遺留分減殺請求を行使されたが、正当な請求なのかどうか疑問が残る

このような場合は、弁護士にご相談ください。

 

関連する解決事案はこちら

*依頼者Bさんが遺留分侵害で訴訟を提起されてしまった事案


経営者の相続トラブル解決の豊富な経験 03-6226-5096
生前対策 Q&A 経営者・個人事業主が知っておきたい相続・承継に関するQ&Aを集めました
地方・遠方で相続トラブルにお困りの経営者・事業主様のための出張相談実施中
PageTop